介護予防を推進し、健やかな暮らしをいつまでも 介護予防指導士の養成

tel:03-5977-8066

〒170-0003 東京都豊島区駒込1-13-11

指導士講習について

介護予防指導士とは

介護予防の大切さがわかっていても、個人が自主的に介護予防の行動を起こすのは難しいものです。そこで必要になるのが、専門的な知識と技能を持って介護予防を推進する『介護予防指導士』です。介護予防指導士とは、多くの方が豊かな老後を過ごせるように、要介護者ばかりでなく、元気な方をも対象として介護予防を指導する資格です。 この資格は、日本介護予防協会が実施する講習を受講し、修了の認定を受けた方に与えられます。資格取得後は、「筋力訓練指導」「ストレッチング」「転倒予防」「栄養ケア」「口腔ケア」などの指導を行うことができます。既に取得されている資格に介護予防の知識と技術をプラスすることで、仕事の幅を広げ、地域包括ケアシステムの中で介護予防の担い手となることができます。
特徴
  • すぐに実践指導に臨めます
  • いつでもどこでもできる方法が学べます
  • 低予算での指導方法が学べます
  • マシンを使わない運動指導の方法が学べます
  • 特徴
  • 特徴

受講料

10科目 21.5時間 49,500円(税込)認定料、テキスト代含む。 ●当日テキストをお配りします。 ●受講証明書および認定証は、すべての科目を受講された方に授与いたします。

受講対象者

介護福祉士、介護職員初任者研修課程修了者、ヘルパー1・2級、介護支援専門員など介護系資格所持者。 看護師・准看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士、歯科衛生士、栄養士、柔道整復師、鍼炙師、あん摩・マッサージ指圧師、健康運動指導士、健康運動実践指導者などの運動指導系の資格所持者、レクリエーション系の資格所持者、など。(それ以外の方もご相談ください)

科目紹介

10科目 講義+実技 計21.5時間

科目/時間数 講義/実技 概要
介護予防概論 2.5時間 講義 介護予防の概念が生まれた背景から現状に至るまでを概観します。介護予防の重要性や今後の課題、展望など介護予防の全体像が把握できます。
栄養ケア 1.5時間 講義 中年期と老化期の食事の違いを知り、体力を維持し老化の進行を遅くするために必要な栄養改善の知識が身に付きます。低栄養予防のための具体的な食生活の指針を学べます。
口腔ケア 2時間 講義 最新の口腔ケア事情、歯周病医学の概念、嚥下障害の対処法、症状別口腔ケア、口腔・嚥下ケアの体操等、専門的なことから実践的なことまで幅広く学べます。
筋力訓練指導 2.5時間 講義実技 筋力トレーニングの意味と効果を学びます。自分で体を動かすことにより、訓練の対象となる部位が実感できます。また、講義を元に受講生が自分で考え、行動するので、応用力が身に付きます。
ストレッチング 2時間 講義実技 ストレッチを「やる」と「やらない」ではどのくらい違いがあるかを、実践を通して学びます。筋肉の伸び方、ストレッチの安全性、機能改善のためのバリエーション等を知ることができます。
転倒予防 2時間 講義実技 転倒しないための体力の維持と増進を目的とした運動の指導方法を学びます。音楽に合わせて体を動かし、楽しく続けられる方法を体験します。転倒予防教室を開催する際の注意点についても知ることができます。
測定と評価 2.5時間 講義実技 若中齢期とは異なる高齢期の体力測定と評価の意義が学べます。実際に測定を体験することで声かけの注意点が学べます。さらに健康の回復・維持の指標としての評価ができるようになります。
リハビリテーション 3時間 講義実技 リハビリテーションの基礎知識と、すぐに実行できる方法が学べます。実際に体を動かして、関節可動域を確認する方法が身に付きます。
救急蘇生 2時間 講義実技 高齢者の死因の現状を把握し、人形を使ってCPR(心肺蘇生法)とAED(自動体外式除細 動器)の実習を行ないます。最新の救命方法を知ることができます。
認知症ケア 1.5時間 講義 認知症高齢者の「状態像」を生活モデルとして立体的に捉え、食事・口腔ケア、排泄、入浴・整容と項目ごとにポイントや留意点を学習します。現場の方に向けた具体的でわかりやすい標準化が、安心できる認知症ケアにつながります。
科目/時間数 介護予防概論 2.5時間
講義/実技 講義
概要 介護予防の概念が生まれた背景から現状に至るまでを概観します。介護予防の重要性や今後の課題、展望など介護予防の全体像が把握できます。
科目/時間数 栄養ケア 1.5時間
講義/実技 講義
概要 中年期と老化期の食事の違いを知り、体力を維持し老化の進行を遅くするために必要な栄養改善の知識が身に付きます。低栄養予防のための具体的な食生活の指針を学べます。
科目/時間数 口腔ケア 2時間
講義/実技 講義
概要 最新の口腔ケア事情、歯周病医学の概念、嚥下障害の対処法、症状別口腔ケア、口腔・嚥下ケアの体操等、専門的なことから実践的なことまで幅広く学べます。
科目/時間数 筋力訓練指導 2.5時間
講義/実技 講義実技
概要 筋力トレーニングの意味と効果を学びます。自分で体を動かすことにより、訓練の対象となる部位が実感できます。また、講義を元に受講生が自分で考え、行動するので、応用力が身に付きます。
科目/時間数 ストレッチング 2時間
講義/実技 講義実技
概要 ストレッチを「やる」と「やらない」ではどのくらい違いがあるかを、実践を通して学びます。筋肉の伸び方、ストレッチの安全性、機能改善のためのバリエーション等を知ることができます。
科目/時間数 転倒予防 2時間
講義/実技 講義実技
概要 転倒しないための体力の維持と増進を目的とした運動の指導方法を学びます。音楽に合わせて体を動かし、楽しく続けられる方法を体験します。転倒予防教室を開催する際の注意点についても知ることができます。
科目/時間数 測定と評価 2.5時間
講義/実技 講義実技
概要 若中齢期とは異なる高齢期の体力測定と評価の意義が学べます。実際に測定を体験することで声かけの注意点が学べます。さらに健康の回復・維持の指標としての評価ができるようになります。
科目/時間数 リハビリテーション 3時間
講義/実技 講義実技
概要 リハビリテーションの基礎知識と、すぐに実行できる方法が学べます。実際に体を動かして、関節可動域を確認する方法が身に付きます。
科目/時間数 救急蘇生 2時間
講義/実技 講義実技
概要 高齢者の死因の現状を把握し、人形を使ってCPR(心肺蘇生法)とAED(自動体外式除細 動器)の実習を行ないます。最新の救命方法を知ることができます。
科目/時間数 認知症ケア 1.5時間
講義/実技 講義
概要 認知症高齢者の「状態像」を生活モデルとして立体的に捉え、食事・口腔ケア、排泄、入浴・整容と項目ごとにポイントや留意点を学習します。現場の方に向けた具体的でわかりやすい標準化が、安心できる認知症ケアにつながります。

講習カリキュラム:(参考例)

※講習会ごとにカリキュラムは異なります。
初日 2日目 3日目
時間 科目 時間 科目 時間 科目
9:30~ 開講式 オリエンテーション 9:00~10:30 栄養ケア 9:00~11:00 転倒予防
10:00~12:30 介護予防概論 10:40~12:10 認知症ケア 11:10~13:40 測定評価
12:30~13:20 昼休み 12:10~13:00 昼休み 13:40~14:30 昼休み
13:20~15:20 ストレッチング 13:00~15:30 筋力訓練 14:30~16:30 口腔ケア
15:30~17:30 救急蘇生 15:40~18:40 リハビリ テーション 16:30~16:40 理解度チェック
理解度チェック配布 翌日朝回収 理解度チェック配布 翌日朝回収 16:50~17:10 修了式 認定証授与
初日
時間 科目
9:40~ 開講式 オリエンテーション
10:00~12:30 介護予防 概論
12:30~13:30 昼休み
13:30~15:30 ストレッチング
15:40~17:40 救急蘇生
翌日朝回収 理解度チェック
2日目
時間 科目
9:00~10:30 栄養ケア
10:40~12:10 認知症ケア
12:10~13:10 昼休み
13:10~15:40 筋力訓練
15:50~18:50 リハビリ テーション
翌日朝回収 理解度チェック
3日目
時間 科目
9:00~11:00 転倒予防
11:10~13:40 測定評価
13:40~14:40 昼休み
14:40~16:40 口腔ケア
16:40~16:50 理解度チェック
16:55~17:20 修了式 認定証授与
*3日間通してご参加いただけない場合、別日、別会場の講習に振り替えも可能です。(詳細はお問い合わせください) 3日目の終了時間は、講習によって変動します。お帰りの時間(飛行機・新幹線)には余裕をお持ちください。

よくあるご質問

受講者の平均年齢は? 性別の比率は?
平均年齢は40代後半です。20歳から70歳以上までご幅広い年齢層の方々がご参加しています。男女比は2:8程度です。
受講者はどんな資格を持っていますか?
介護福祉士、看護師、ヘルパー資格取得者が60%を占めます。残りの方はそれ以外です。資格についてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
教室助成金の対象になりますか?
キャリア形成促進助成金」「キャリアアップ助成金」の対象講習です。

振替制度

振替制度 受講できなかった科目を別の会場で振り返ることができます。 1会場につき、1,000円手数料がかかります。
例:
  • 第●回東京講習の「口腔ケア」を欠席→第●回千葉講習で振替(1,000円)
  • 第●回東京講習の「栄養ケア」を欠席→第●回横浜講習で振替(1,000円)
※詳しくは、個別にご相談に応じさせていただきます。

再履修制度

再履修制度 過去の修了生の方に限り、単科のみ再履修いただけます。 時間当たり2,000円となります。 つまり、1.5時間の認知症ケアをご受講いただく場合は3,000円となります。 詳細はお問い合わせ下さい。
  • 再履修制度
  • 再履修制度

キャンセル

介護予防指導士講習 開講の1週間前まで 1,000円引きでご返金いたします。
開講の前日まで 4,000円引きでご返金いたします。
当日 返金できません。
フォローアップ 前日まで 2,000円引きでご返金いたします。
当日 返金できません。

フォローアップ講習も開催!

さらに学びたい人のために・・・

修了生を対象にした講習もご用意しております。 理解を深めていきたい内容や、介護予防指導士講習には含まれていない分野についても取り上げます。 全国での開催ですので多くの方にご参加頂いております。

フォローアップ講習も開催!

フォローアップ講習の申込フォームへ 開催中の講習一覧を見る

お気軽にフォローしてください。

協会では、SNSでの講習会などの情報発信も行っております。

twitter facebook
jump to Top